太古から伝わる伝説の湧水が温泉に! 「拍子水温泉」

2021/03/28

# 国東市

 

■高い泉質が人気! 村内唯一の温泉

21032801.jpg

姫島村に古くから伝わる「姫島村七不思議」。お姫様にまつわるものなど数多くの言い伝えがありますが、その内の一つに「拍子水(ひょうしみず)」があります。

21032802.jpg

日本書記によると「拍子水」は、「姫島村の名前の由来となった比売語曽(ひめこそ)というお姫様がおはぐろをつけたあと、口をゆすごうとしたものの近くに水がなく、手拍子を打ち祈ったところ水が湧き出した」という伝説から名前が付けられたと言われているんですよ。

21032803.jpg

そんな「拍子水」を利用して、姫島村には温泉施設が作られました。

港から車で10分ほど走らせた場所にある「拍子水温泉」。ここは村内にある唯一の温泉です。(フェリー乗り場から島内を巡回する無料バスに乗って訪れることもできます)

 

この「拍子水」は、炭酸水素塩冷鉱泉で、水温は約25度。

炭酸水素塩冷鉱泉が高血圧症、慢性皮膚病、神経痛、疲労回復等に効能があると言われています。

とはいえ25度は温泉にしてはあまりにも冷たいですよね。

ご安心を。

「拍子水温泉」には浴槽が2つあり、源泉に温水を加えた温泉(41℃前後)と源泉そのままの冷泉(約25℃)の2種類を楽しむことができるようになっているのです。

その二つの湯を交互に入るのがツウの入り方。

体がポカポカとしてくるだけでなく、美肌になるとも言われているそうですよ。

 

 

■シュワシュワ感が楽しい! 美肌の湯

炭酸水素塩冷鉱は二酸化炭素が多く溶け込んでいる湯。そのため入浴すると、サイダーのように肌にシュワシュワと細かな気泡がつく温泉です。この炭酸泉は日本ではとても希少。

そんな珍しい炭酸泉は、肌の不要な角質や毛穴の汚れを取り除く効果があり、入った瞬間に肌がツルツルになるのがわかるほどで、石鹸のような働きがあり、ボディーソープいらずの「美肌の湯」とも言われています。

21032804.jpg

ただし、不要な角質を取り除くピーリング効果があるので、乾燥肌の方は入浴後すぐに保湿をするのが大事だそうですよ。

 

また「拍子水温泉」は湯船に浸かるだけでなく、温泉を飲んで体内から健康を促す「飲泉」も楽しみの一つ。

炭酸泉とあって、炭酸水を想像して飲用すると、びっくり。

口の中に鉄分のえぐみが広がりますが、それはミネラルがたっぷり含まれている証拠。慢性消化器病、糖尿病、肝臓病等に効能があると言われています。

21032805.jpg

温泉施設の外、右手側には源泉の拍子水が今もなおコンコンと湧いており、こちらでも飲泉をすることができます。

入浴せずとも「拍子水」を飲むことができるので、ぜひ一度お試しを。

 

ここまで「拍子水温泉」の高い泉質について紹介してきましたが、

何よりここの魅力は浴槽から見える青い海。

ガラス窓からは、晴れた日には四国まで見渡すことができるほど、美しい景色が広がるのです。

21032806.jpg

 

姫島村に来て、車えびを食べたあとは温泉に浸かり、美肌の湯を手に入れて海を渡る。

知るひとぞ知る名湯を目掛けた日帰り旅も良いかもしれません。

 

■健康管理センター 拍子水温泉

所:大分県東国東郡姫島村5118-2
TEL:0978-87-2840