仲介と買取の違い Difference between purchase and brokerage

  1. 別大興産総合TOP
  2. 売るサイト
  3. 仲介と買取の違い

1「仲介」と「買取」

売却の方法は大きく「仲介」と「買取」の2種類があります。
「仲介」と「買取」は何が違うのでしょうか?その特徴についてご紹介します。

「仲介」

不動産における「仲介」とは、売主様と買主様の間に立って両者の契約を成立させることをいいます。「仲介」は「媒介」という言葉で表されることもあります。
別大興産1社のみに依頼される場合は「専属専任媒介」もしくは「専任媒介」、複数の不動産会社に依頼する場合には「一般媒介」という媒介契約を結ばなければなりません。尚、「専属専任媒介」と「専任媒介」は自己発見取引時の違いがございます。「専任媒介」は自分で見つけた買主と直接取引が可能であるのに対し、「専属専任媒介」は契約をしている不動産仲介会社を通して契約しなければなりません。媒介契約内容によって販売活動が変わりますため、ぜひお気軽にご相談ください。

「買取」

不動産における「買取」では、不動産仲介会社自らが買主となります。不動産仲介会社に売却いたしますので、販売活動が無く、現金化までに時間がかかりません。売却の相談を行ってから実際に買取が行われるまでの期間が短いことも特徴です。
別大興産では買取も行っております。まずはご相談ください。

2「仲介」「買取」の
メリット・デメリット

 不動産の売却は、即座に決定できるものではありません。事前の知識がないと、思いもよらない結果になる可能性もあります。
このため、「仲介」でも、「買取」でも、不動産仲介会社を選ぶ際に注意が必要です。
ご自身の状況に合った売却方法を選択するために、どのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

仲介のメリット

・市場の相場価格で売却できる可能性が高いです。
・購入希望者が見つかった際、売主様に代わり、弊社が契約条件の調整や手続きなどの各種調整を行います。

仲介のデメリット

・売却期間の見通しが立てづらいです。
・仲介手数料が発生いたします。

買取のメリット

・売却期間を必要としないため、早い現金化が可能となります。
・仲介手数料がかかりません。
・販売活動を行わないため、一般に公開することなくスムーズな売却ができます。

買取のデメリット

・仲介時の査定価格と比べ様々な負担を考慮し、買取価格は抑えられることがあります。
・買取できない物件の可能性があります。物件の状態によって再販が難しいと判断するものもあります。

売却では、売却金額、また、売却までの期間を考慮する必要があります。不動産を安心して手放すために、ご自身の状況に応じた販売方法を考えていきましょう。
将来的に売却を行いたい等のご相談も含め、弊社では売主様の状況に応じたご提案をさせて頂いております。まずは査定相談から、お気軽にご相談ください。